中性脂肪が肥満へ

中性脂肪は脂質異常症の原因だけではなく、肥満の原因ともされています。もちろん人間にとって必要なエネルギーでもありますが、多すぎると様々な病気の原因にもなります。普段の食生活から改善していくことが重要です。

Read More

診断されたら

脂質異常症と診断されたらまずその診断をしっかりと受け入れることが大切です。その後病院でしっかりとした治療法を教えてもらい、医者から食生活のアドバイスを受けると良いです。完治までには時間が掛かるので継続が必要です。

Read More

合併症に注意

脂質異常症だけではなく、コレステロールが原因となって様々な病気を合併する人も増えています。特に脳梗塞や心筋梗塞など命を脅かす病気も合併する危険性があるので日頃から気をつける必要があります。

Read More

オススメリンク

タイプ別で治療

脂質異常症の患者の血液には、悪玉コレステロールとされるLDLコレステロールが多く含まれています。
この高LDLコレステロール血症は脂質異常症かどうかを知るために指標となるので健康診断などでコレステロール量が高い人はこのLDLコレステロール量の検査が必要です。
LDLコレステロールが多い人の治療法としては、動物性脂肪を減らして食物繊維をしっかり摂取することが最も効果的な治療法といわれています。
また、コレステロール値に大きな影響はないと言われている運動も、適度な量を定期的に行なうことで内臓脂肪を減らすことができます。
内臓脂肪を減らすことで代謝があがり、心肺機能も上昇するので非常に効果的です。

高中性脂肪血症は別名で高トリグリセライド血症とも呼ばれています。簡単に言うとこの状態の脂質異常症の人は中性脂肪が多い状態にあるといえます。
また、中高年の男性によく見られるタイプです。この中性脂肪が増えることで、LDLコレステロールも増加するとされているので注意が必要です。
この中性脂肪が多い人は、LDLコレステロールの治療と同様に普段の食生活で動物性脂肪を控えることが大切です。
中性脂肪はお菓子の糖分やアルコールの過剰摂取によって多く発生する脂肪なのでそれらの糖分やアルコールをなるべく控えると良いです。
基本的に運動は中性脂肪に直接働きかけることはないですが、運動を行なうことで蓄えられた中性脂肪のエネルギーを消化することができるので、結果的に減らすことが可能とされています。

LDLコレステロールが高いタイプと中性脂肪が高いタイプに分けられる脂質異常症ですが、それぞれの治療法をもっても改善がみられない場合は薬で治療していきます。
また、脂質異常症に加えて他の病気を持っている場合や、動脈硬化のリスクがある人は食生活改善ではなく、もっと初期の段階で薬治療を行なう必要があります。
薬はかかりつけの医院でしっかりと検査して処方してもらい、指示に従って服用を続けることが大切です。
脂質異常症に対する薬には、コレステロールの生産を抑えるものや、中性脂肪の分解を促進させ低下させるものなど多様にあります。
ここで注意すべきなのが、薬を摂取しているからといってすぐに脂質異常症が治るわけではありません。
脂質異常症と診断されたら、長い期間をかけて治療を続ける必要があります。医者の指示に従わず、自分の体調だけで勝手に薬をやめたり量を変えたりすると、また初めから治療のやり直しということにもなりかねません。